肩こりの原因となる血行不良

肩こりの原因は多岐に渡りますが、その理由の一つに血行不良があります。肩や首の筋肉に疲労が蓄積されると血流が滞ってしまい、肩こりなど身体に不調が起こります。デスクワークの人に肩こりが多いのも、長時間同じ姿勢でいることによる血行不良が原因となっています。またパソコンやスマホで目を酷使することも肩こりの原因の一つです。長時間のパソコン作業をする場合は、無理のない姿勢で作業できるように机や椅子の高さを調整する必要があります。また1時間作業したら10~15分パソコンから離れるなどして休憩を取ることも大事です。

ストレスは肩こりの大敵

ストレスによる緊張など、精神的な要因も肩こりなどの症状を引き起こす原因になります。精神的なストレスが溜まると自律神経の働きが活発になり血管が収縮してしまいます。それにより筋肉が緊張し肩こりを引き起こすというメカニズムになっています。仕事が忙しい人や不安や悩みが多い人で肩こりの症状が出ている場合はストレスが関係していることも考えられるので、ストレスをなるべく溜めない生活を心がけることが大切です。ストレスからくる肩こりは、適度な運動やマッサージで筋肉をほぐしてあげることで解消される場合もあります。また趣味やショッピングで気分転換するのもおすすめです。

肩こりは放っておくと慢性化してしまうこともあります。どのような原因で肩こりになってしまうのかしっかり理解した上で、普段から注意しておくことが大切です。

肩こりを注射で治す方法があり、神経ブロック注射や、凝った部分に局所麻酔をするトリガーポイント注射など症状に合わせ使いわけます。