ピーリングとは何か?

ピーリングとは、専用のジェルなどを塗り込むことで表面の古い角質を取り除くことができる美容技術やそのための薬剤のことを指しています。角質ケアの一種として知られており、古い角質を取り除いてあげることでターンオーバーをサポートする効果を持っているところが特徴です。

ただし肌のターンオーバーを正常化させるためのケアなので、ターンオーバーを促進したり早める効果はないとされています。そのためなかなか肌のターンオーバーがうまく行かない人やケアをしているのに肌がきれいにならないという人におすすめです。

効果の持続性はどのくらい?

市販されているピーリングジェルなどを使用した場合、効果の持続性はそこまで高くはないとされています。そのため定期的にピーリングを実施することで効果を持続させることができると考えられているので、1週間に1回程度は実施しておくことがおすすめです。また美容クリニックなどで行うピーリングは医師の技術や私用するピーリングジェルの内容によって効果の持続性は異なっているものの、市販されているものと比較すると効果が長続きしやすいと言われています。

いずれの場合も頻回にケアをするものではないと考えられているので、あまり頻度が高いと逆に肌にダメージを与えてしまうことがあるようです。

ピーリングした後のケアはどうすればいい?

ピーリングをした後の肌はバリア機能などがすべて取り除かれてしまっているので、必ず保湿をすることが大切です。保湿をすることで肌のバリア機能を回復しながら、肌に浸透させたい成分を含んだ化粧水や乳液などでしっかりケアをしておきます。そうすることで肌の乾燥などのトラブルを予防できるのはもちろん、肌に効果的な成分を浸透させやすくなるのです。

肌の新陳代謝が衰えてきたら、ピーリングです。古い角質が剥がれて、新しい肌になり、肌のくすみがとれます。