脱毛方法を選ぶポイントとは?

脱毛の方法にも自分で行う・脱毛サロンなどに行くという2つの方法がありますが、その2つの中にも色々な方法があり、自分に症状や体質に合った正しい方法を選ぶことが大切です。例えば、敏感肌や乾燥肌で悩んでいる人が、毛抜きやカミソリでの剃毛など、痛みを伴う脱毛方法を行うとその痛みを強く感じやすい、肌トラブルを引き起こしてしまうなどといったリスクがあります。自分の肌質を見極め、どうしても痛みを伴うような対策をする際には充分な保湿をしてから脱毛を行う必要があります。また、脱毛したい部位により効果的なものとそうではないものもあるため、その点もしっかりと調べておきましょう。

濃い体毛から解放されて、すべすべ肌になりたい!

濃い体毛がコンプレックスで、温泉など肌を露出する場所に行けない、このコンプレックスとおさらばしたい、という人に特にお勧めなのが医療レーザー脱毛です。医療レーザー脱毛は脇など毛の濃い箇所に特に効果が出やすく、その高い脱毛効果と医療機関でしかできない施術なので、肌トラブルなどが起きた場合でもすぐに医師による治療が受けられるという安心感があります。ただし、痛みが強いという点と一時的に毛が濃くなる症状が現れることがあるという点などに注意が必要です。

肌質が弱くて痛いのはちょっと、という人にはコレ!

自分は肌質が弱くて、効果が高くても痛いのはちょっと、という人には光脱毛がお勧めです。医療レーザー脱毛に比べると効果は低めですが、痛みが少なく、広い範囲に薄く生えているむだ毛に効果的であるという特徴があります。光脱毛は医療機関ではなくても行えるため、行っているサロンなどが多いというのもメリットの1つです。

一昔前まで、脱毛をするのは女性とごく一部の男性に限られていましたが、近年は顔や全身脱毛を希望する男性が冷えており、新宿の脱毛は男性サロンの激戦区となっています。