肌に優しい機器が採用されているクリニックを選ぼう

美容クリニックのレーザー脱毛の施術の契約を結ぶ際には、術中に使われる医療用レーザーの性能や肌へのダメージについてしっかりと理解することが大切です。特に、肌がデリケートな人や肌トラブルを抱えている人がレーザー脱毛の施術を受ける場合には、術中に痛みを感じたり、術後に肌が赤くなったりすることがあります。そのため、不安なく施術に臨むために、カウンセリング中に担当の医師とじっくりと相談をすることが大切です。最近では、数段階にレーザーの出力を調節できる機器を導入しているクリニックも増えており、少しでも肌へのダメージを少なくしたい場合には、効果だけでなく安全面にもこだわって通院先を決めると良いでしょう。

自己処理の際には肌を傷つけないように気を付けよう

ムダ毛の自己処理をする場合には、クリニックと比べて皮膚や毛穴などを傷つけるリスクが高くなるため、常に丁寧なケアを心がける必要があります。特に、顔の産毛やデリケートゾーンの周辺のムダ毛のケアをする場合には、肌に負担が掛かりやすいカミソリや毛抜きなどの使用を避けることが大事です。最近では、短時間でムダ毛を綺麗にできる市販の無添加の除毛クリームやブラジリアンワックスなどを使って自己処理をする人も増えています。こうしたアイテムを選ぶ際には、肌トラブルのリスクに備えるため、主な配合成分の種類や副作用のリスクなどを調べておきましょう。その他、ムダ毛の処理をした後には肌の保湿や冷却などを欠かさずに行うことが大事です。

脱毛には大きく分けて三種類あります。一つ目は医師の元で看護師が行うもの、二つ目はエステサロンで行うもの、三つ目は家庭用機器で自己処理です。費用や効果、時間が違いますので自分に合った方法を探しましょう!